深刻な症状を引き起こしやすい双極性障害は早めに診察しよう

気分屋とは違う双極性障害
このエントリーをはてなブックマークに追加

躁と鬱を繰り返す疾患

診察

対人関係に大きな支障をきたす恐れ

うつ状態と躁状態が、繰り返し現れる精神疾患を「双極性障害」と言います。うつ状態とは気分の落ち込みや、何に対してもやる気が出ない状態を指します。躁状態とはうつとは真逆で、周囲の人が異常と感じるほどに気分が高揚している状態を言います。躁状態の大きな特徴が、本人が周囲に迷惑をかけていることを自覚していないという点です。双極性障害は大きく分けて二つのタイプに分けられ、まず周囲への攻撃性が重度の躁状態と、うつ症状の繰り返しを「双極I型障害」と言います。躁の症状も、うつの症状も明確に現れるという点が大きな特徴で、比較的精神科や心療内科で診断がつきやすいタイプとされています。I型の躁状態は、本人は全く病気とは自覚しておらず、普段より調子が良いと思い込んでいる場合が殆どです。自覚はないも攻撃性は高い為に、対人関係に大きな支障をきたし、失業や離婚に至るケースが多いのが特徴です。次に、比較的症状が軽度の躁を「軽躁状態」と言い、この軽躁状態とうつ状態を繰り返すタイプの双極性障害を「双極II型障害」と言います。軽躁状態の場合、比較的対人トラブルが少ない為に周囲が異変に気付きにくく、発見が遅れるケースが多いのが特徴です。さらにII型は不安障害や摂食障害、そしてアルコール依存症を合併するケースが非常に多く、I型の双極性障害より深刻とされています。そして軽躁状態と軽いうつ症状を繰り返す場合を「気分循環症」と言います。さらに、躁とうつの状態が「頻繁」に繰り返される場合の双極性障害を「急速交代型」と言います。

規則正しい生活を送る

双極性障害が発症する原因は、現在明確にはされていません。現在可能性が高いと考えられているのが「遺伝的要素」と「環境的要素」の2つです。発症原因はどちらかの要素1つの場合は殆どなく、この2つの要素が複雑に絡み合い発症に至るとされています。環境的要素とは、いわゆる「心理的ストレス」であり環境の変化などが、大きく発症に関わっているとされています。また双極性障害は社交的で気配りができる性格の人ほど、発症しやすいとされています。こられの要素と、性格、生活習慣などが複雑に影響し合って双極性障害は発症すると考えられています。双極性障害は精神科、心療内科での適切な治療により、症状の改善が可能な精神疾患とされています。治療法は「薬物療法」と「精神療法」が基本となります。双極性障害の薬物療法は、気分安定薬の使用が現在主流とされています。気分安定薬は気分の高揚から落ち込みと言った、気分の波を小さくし安定させる薬です。さらに再発の予防にも有効とされています。双極性障害の症状によっては、この気分安定薬に抗うつ薬や睡眠薬、抗精神病薬などを追加することもあります。双極性障害の主な精神療法が、認知行動療法、対人関係療法、社会リズム療法、心理教育などです。これらの精神療法は、患者の性格や環境、ストレスとなっている原因などを考慮して、専門医が選択し、また組み合わせることもあります。そして精神療法は生活リズムが乱れていると効果が十分に得られない為、規則正しい生活を送ることも治療の1つとされています。

オンとオフの激しい病気

悩むメンズ

双極性障害はうつの症状が現れることがあるため、うつ病と誤診されやすい病気です。うつ病と双極性障害は違う病気で治療法も変わってくるため注意が必要です。症状を改善させるためには薬物療法が主ですが他にも心理療法が導入されてくるようになってきています。

こころの病気です

ドクター

双極性障害とは、うつ状態と躁状態が交互に繰り返される、こころの病気です。躁状態の時期は、症状が軽い場合、判断が難しいですが、やはり普段の様子とは違うため、診断できます。事前に、どのような症状が出ているのかを書き出しておくと、診察がスムーズです。

誰でもなりうる病気

看護師

双極性障害は、気分が落ち込むうつ状態と、常識以上に活動的になる躁状態を繰り返す病気です。原因はまだ解明されていませんが、年代や性別や性格を問わず、誰でもなる可能性があります。現在は治療法が確立されており、薬物療法と心理療法が用いられます。再発も多いですが、あきらめずに治療すれば日常生活を送れます。